インフルエンザというと症状が風邪とよく似ているので間違う人が多いのが現状です。風邪に比べてインフルエンザのほうが体温が上がりひどいときには意識が朦朧になるぐらいな病気です。

2017年03月の記事一覧

インフルエンザが流行しているときの注意点

身体のだるさ、吐き気、咳、発熱、頭痛、鼻水、全身のだるさ、食欲不振といった症状が出たら、風邪と油断せずに、インフルエンザの可能性を疑いましょう。インフルエンザと風邪の症状はとてもよく似ていますので、間違いやすいのですがインフルエンザと風邪との違いは高熱と極度の倦怠感です。それで、高熱が出ているときは、市販の薬で治すのではなくできるだけ早く病院を受診するようにしましょう。では、インフルエンザが確定した時の注意点はなんでしょうか?まずは、他の人に感染しないように気を付けることです。特に一緒にせ活している家族には感染しやすいですので、十分気をつけるようにしましょう。「家族は一緒に生活してるのだからうつっても仕方ない」と思わないようにしましょう。家の中でもできる範囲で家族と隔離して生活するようにしましょう。家族の中に小さな子供や赤ちゃんや高齢者がいるなら特に気をつけるようにしましょう。そして、病院から処方された薬を飲んで最低でも一週間は外出を控えるようにしましょう。自分の身体を治すことに加えてほかの人に感染しないように気を付けましょう。学校に通っている若者であれば学校を休むようにしましょう。そして、働いている人であるなら仕事を休むようにしましょう。では、インフルエンザが流行してはいるものの、まだ自分は感染していないといった時にはどんなことに注意できるでしょうか?それは、自分が感染しないように気をつけることです。外出するときには、感染予防のためにマスクを着用しましょう。そして、外から帰ったなら念入りに手を洗いましょう。石鹸をつけて良く洗いましょう。また、手だけではなくうがいもしっかりと行うようにしましょう。

続きを読む