インフルエンザというと症状が風邪とよく似ているので間違う人が多いのが現状です。風邪に比べてインフルエンザのほうが体温が上がりひどいときには意識が朦朧になるぐらいな病気です。

2017年01月の記事一覧

空気清浄機でインフルエンザウイルスの吸入を予防

インフルエンザといえば、毎年冬の代名詞といってもいいほど流行しますが、感染するとつらい症状が出たり、仕事や学校を休まざるを得なくなったりと、かかると厄介な病気です。感染したら、すぐに病院へ行き適切な治療を受け、外出を控えて周囲にインフルエンザウイルスをまき散らさないようにするのが大切です。しかし、もっと大切なことは感染しないように、ウイルスが体内に侵入する経路を遮断することにあります。インフルエンザに感染する経路は、ウイルスの着いた手で食事をすることなどによって体内に入る接触感染、ウイルスを含んだくしゃみなどの飛沫を吸入して感染する飛沫感染、空気中に漂っているウイルスを吸入する空気感染の三つがあります。接触感染は、手洗いをきちんとすることで避けられますが、飛沫感染と空気感染を避けるには空気清浄機が有効です。
インフルエンザウイルスは、感染した人のくしゃみ、せきによって空気中へ放出され、0.1ミクロンほどの非常に小さな微粒子となって空気中を長時間漂います。空気清浄機を使えば、空気中にイオンを放出することによって、空気中に漂っているインフルエンザウイルスを99%以上抑制し、きれいな空気をつくりだすことができるのです。当然、空気中のウイルスが減れば、ウイルスを吸入するリスクは圧倒的に小さくなり、飛沫感染や空気感染を避けることができます。さらに、ほとんどの空気清浄機についている加湿機能を使えば、ウイルスの空気中を漂う能力をうばうことができ、よりいっそう感染のリスクを減らすことができます。つまり、空気清浄機を使えば、ウイルス除去と加湿というWの力でインフルエンザの感染をさけることができるのです。

続きを読む