インフルエンザというと症状が風邪とよく似ているので間違う人が多いのが現状です。風邪に比べてインフルエンザのほうが体温が上がりひどいときには意識が朦朧になるぐらいな病気です。

2016年11月の記事一覧

インフルエンザやノロと注射について

インフルエンザやノロになってしまった場合、点滴や注射を用いてそれらで失った成分を補います。インフルエンザやノロはあくまでも対処療法に過ぎないのでそれにかかってしまった時は注射を重視するのではなく、食事、睡眠、水分補給、安静により多くの時間を用いた方が良いです。
インフルエンザやノロに罹った際、その不調を改善するために注射を行います。しかし、多くの場合その注射は一日では十分な効果が出ないため数日間医療機関に通ってそれを行う事が多いです。
状況や体調によっては注射ですぐに元気になるケースがあります。しかし、インフルエンザやノロの悪い部分が完全になくなるまでにはしばらく時間がかかるので仮に体調が回復したと感じてもすぐに病気前の生活に戻るのではなく、体をしっかりと休め、医師から大丈夫という言葉をもらってから動きはじめた方が自身の心や体にとっては良いです。
インフルエンザやノロに関連する注射で体調を悪くした経験を持っている人は少なくないです。それを隠したままであると心身のしんどさからなかなか脱出する事が出来ない可能性が高いです。そのような状況に陥った時は事前に医師や看護師等にその事を伝え体に負担の少ない別のケア方法を決めておいた方が良いです。
これらの病気において注射はあまり重要ではないです。重要なのは安静に過ごし、短期間で体調を回復させる事です。そこにばかり目を向けるのではなく、普通に日常生活を営む事が出来るように行動する事もそのような状況では非常に大切です。
インフルエンザやノロは予防を心がけていてもかかるものです。かかった時は焦らずに注射による状態の緩和や安静による体力の回復に力を注いだ方が良いです。

続きを読む