インフルエンザというと症状が風邪とよく似ているので間違う人が多いのが現状です。風邪に比べてインフルエンザのほうが体温が上がりひどいときには意識が朦朧になるぐらいな病気です。

2016年10月の記事一覧

死亡率の高い新型インフルエンザと薬剤の備蓄

新型インフルエンザというのは、毎年冬になると発生する季節性のものとは抗原性が大きく異なっているインフルエンザのことで、人類がまだ免疫を獲得していないということもあって、多大な被害をもたらすことが懸念されているものです。こうした新型インフルエンザというのは、豚や渡り鳥などの身体にまず感染したウイルスが、なんらかのきっかけによって突然変異を起こして、人体にまで感染するだけの能力を獲得したことが原因となっています。季節性のものであれば、ウイルスのタイプはA型の亜型にあたるH1、H3などといったもの、あるいはB型というのが一般的であり、症状に関しても、突然38度以上の高い熱が出て、頭痛や関節痛、咽頭痛、全身のだるさなどになやまされるというのが典型的であるといえます。こうした季節性のインフルエンザであれば、症状も原因もはっきりしているため、対策が立てやすく、事前に予防注射によってワクチンを接種するといった対応も可能です。いっぽう、新型インフルエンザの場合には、A型ウイルスでも別の亜型が引き起こすもので、ワクチンにしても発生してから製造するようなことになるため、対応が後手にまわってしまい、その間にも死亡を含めた被害が拡大してしまうおそれがあります。新型インフルエンザの死亡率については、政府の想定によれば、最悪の場合はかつてパンデミックを引き起こしたスペインかぜと同様の2パーセントとされており、きわめて高いということができます。新型インフルエンザに備えて、国と地方ではそれぞれ半分ずつ抗インフルエンザウイルス薬の備蓄を進めており、全体の目標としては、国民全員の45パーセント相当が確保できる水準とされています。

続きを読む