インフルエンザというと症状が風邪とよく似ているので間違う人が多いのが現状です。風邪に比べてインフルエンザのほうが体温が上がりひどいときには意識が朦朧になるぐらいな病気です。

2016年09月の記事一覧

インフルエンザと氷枕と薬価について

寒くなって空気が乾燥する季節になると、インフルエンザにかかる人が増えます。
インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染して発症します。
普通の風邪とは違い、40度近い高熱が出ることがあり、咳や倦怠感、筋肉痛などの症状が出ます。
インフルエンザウイルスは、感染力が強く、潜伏期間が短いのが特徴です。
抵抗力が弱い子供や高齢者の場合、重症化するケースもあるので注意が必要です。
検査は、検査キットを使って行います。
治療は、抗インフルエンザ薬を使うことが多いです。
抗インフルエンザ薬は、発症してから48時間以内に服用することでウイルスの増殖を抑えます。
様々な症状の緩和のために、対症療法を行うこともあります。
薬価は、薬価サーチで調べることができます。
インフルエンザにかかった時に高熱が出るのは、体温を上げることでウイルスの動きを抑えるためです。
ウイルスは、体温が低い方が繁殖しやすいのです。
体温が高くなると、白血球の働きが活発になって侵入したウイルスと戦います。
熱が高くなった時は、冷やしたタオルをあてるか、氷枕を敷くなどして対処します。
熱が出た時は、額よりも首のまわりや脇の下、太ももの付け根などリンパが集まる部位を冷やした方がいいです。
汗をかいたままだと、症状が悪化することがあるので、汗をかいたと思ったら、こまめに着替えることが大事です。
高熱によって大量の汗が出た場合は、脱水症状になることもあるので、水分補給を忘れないようにします。
一般的に、発症してから3日くらいでウイルスが減り始めます。
そして、徐々に熱が下がります。
高齢者の場合、回復にかかる期間が長くなるケースも多いです。
インフルエンザを発症している間は、十分な睡眠を取り、消化しやすく栄養価が高い食事を取ることが大切です。

続きを読む