インフルエンザというと症状が風邪とよく似ているので間違う人が多いのが現状です。風邪に比べてインフルエンザのほうが体温が上がりひどいときには意識が朦朧になるぐらいな病気です。

記事一覧

インフルエンザ予防に効果がある加湿器のメーカーは?

インフルエンザは、夏の間はほとんど話題に上がりませんが、冬場になると大流行して連日ニュースなどで取り上げられます。
それは、インフルエンザの感染には湿度が大きく関係しているからです。実験装置にインフルエンザウイルスを入れて湿度や温度を変えてウイルスの生存率を観察した医学的な研究によると、温度が約8℃で湿度が約25%の環境だとウイルスの生存率は60%強、同じ温度で湿度が約50%の環境だと生存率は40%弱となるそうです。したがって、インフルエンザを予防するには湿度を高く保つことが効果的です。
家の中の湿度を高く保つためには、加湿器を用いるのが一般的です。今日では、各メーカーから様々な特徴をもった加湿器が発売されていますが、加湿器にはスチーム式、超音波式、気化式があります。
スチーム式は水を電気ヒーターで加熱し沸騰させて水蒸気を発生させるものです。価格が安こと・加湿能力も高いこと・水を沸騰させるので殺菌できることが魅力ですが、電気代が高いこと・噴出し口周辺が高温となるなどのデメリットがあります。
超音波式はタンク内の水を超音波により微粒子にして空気中に放出する方式です。消費電力が安いこと・コンパクトでデザイン性が高い商品が多いこと・噴出し口周辺が高温にならないことなどが魅力ですが、加熱しないため殺菌することができないことなどのデメリットがあります。
気化式は水を含ませたフィルターにファンで風を送ることで水分を気化させる方式で、消費電力が安いこと噴出し口周辺が高温にならないことなどが魅力ですが、加湿能力が低いこと・フィルターの定期的な交換が必要であることなどのデメリットがあります。
それぞれの種類にはメリットとデメリットがあるため、例えば小さな子どもがいるのでスチーム式以外にする、コンパクトな加湿器にしたいから超音波式にするなど、各人のライフスタイルに合わせて商品を選ぶとよいでしょう。

続きを読む

インフルエンザが流行しているときの注意点

身体のだるさ、吐き気、咳、発熱、頭痛、鼻水、全身のだるさ、食欲不振といった症状が出たら、風邪と油断せずに、インフルエンザの可能性を疑いましょう。インフルエンザと風邪の症状はとてもよく似ていますので、間違いやすいのですがインフルエンザと風邪との違いは高熱と極度の倦怠感です。それで、高熱が出ているときは、市販の薬で治すのではなくできるだけ早く病院を受診するようにしましょう。では、インフルエンザが確定した時の注意点はなんでしょうか?まずは、他の人に感染しないように気を付けることです。特に一緒にせ活している家族には感染しやすいですので、十分気をつけるようにしましょう。「家族は一緒に生活してるのだからうつっても仕方ない」と思わないようにしましょう。家の中でもできる範囲で家族と隔離して生活するようにしましょう。家族の中に小さな子供や赤ちゃんや高齢者がいるなら特に気をつけるようにしましょう。そして、病院から処方された薬を飲んで最低でも一週間は外出を控えるようにしましょう。自分の身体を治すことに加えてほかの人に感染しないように気を付けましょう。学校に通っている若者であれば学校を休むようにしましょう。そして、働いている人であるなら仕事を休むようにしましょう。では、インフルエンザが流行してはいるものの、まだ自分は感染していないといった時にはどんなことに注意できるでしょうか?それは、自分が感染しないように気をつけることです。外出するときには、感染予防のためにマスクを着用しましょう。そして、外から帰ったなら念入りに手を洗いましょう。石鹸をつけて良く洗いましょう。また、手だけではなくうがいもしっかりと行うようにしましょう。

続きを読む

インフルエンザが職場で発生した場合の消毒

インフルエンザが職場で発生した場合、その後の感染を防ぐために消毒する事が必要です。
基本的には、まず体調が悪く、高熱が出る場合には、インフルエンザの可能性があるので、そうした症状が出たら職場に連絡を入れて休みましょう。
次に、そのような症状の職員が出たら、他の職員やその場の管理を任される方は、検査による医師の診断が降る前から、職場の消毒に取り掛かりましょう。また、同僚の方々は、手洗いうがいを徹底しましょう。手洗いは、衛生手洗いが推奨されます。市販のものなら殺菌成分の入った石鹸で、手首から爪の間、指の股、親指の付け根など、洗い残しの無いように洗います。特に手洗いの際にウィルスが残りやすいのは、親指の付け根と爪の間と言われています。意識して、各部10回ほど擦ります。この手洗いの際には、30秒ほど時間をかけないと効果は無いと言われていますので、しっかり時間をかけて洗うようにしてください。泡を流す際には、各部位5回ほど擦り洗いをし、出来ればぬるま湯を使用します。その後、しっかりと手を拭いて、水気が無くなったところで濃度70%のアルコールで消毒、石鹸で手を洗ったのと同じ順番で擦り付けていきます。乾燥したものでなければアルコールの効果は十分に発揮されないので、手を乾かしてからアルコール消毒をするようにします。
職場全体を消毒する際には、70%のアルコールでの拭き取りが理想的です。また、アルコールが無い場合には、アルコールより強い消毒作用を持つ次亜塩素酸ナトリウムでも代用は可能です。この場合、ご家庭用の塩素系漂白剤を0.02%の薄さにし、拭き取りを行います。拭き取る部分としては、患者が触った部分を中心に行います。スプレーを使えば楽だと思われがちですが、噴霧をするとウィルスが飛散する可能性があるため、消毒液を染み込ませたペーパータオルや布巾、タオルを使用した方が無難です。

続きを読む

空気清浄機でインフルエンザウイルスの吸入を予防

インフルエンザといえば、毎年冬の代名詞といってもいいほど流行しますが、感染するとつらい症状が出たり、仕事や学校を休まざるを得なくなったりと、かかると厄介な病気です。感染したら、すぐに病院へ行き適切な治療を受け、外出を控えて周囲にインフルエンザウイルスをまき散らさないようにするのが大切です。しかし、もっと大切なことは感染しないように、ウイルスが体内に侵入する経路を遮断することにあります。インフルエンザに感染する経路は、ウイルスの着いた手で食事をすることなどによって体内に入る接触感染、ウイルスを含んだくしゃみなどの飛沫を吸入して感染する飛沫感染、空気中に漂っているウイルスを吸入する空気感染の三つがあります。接触感染は、手洗いをきちんとすることで避けられますが、飛沫感染と空気感染を避けるには空気清浄機が有効です。
インフルエンザウイルスは、感染した人のくしゃみ、せきによって空気中へ放出され、0.1ミクロンほどの非常に小さな微粒子となって空気中を長時間漂います。空気清浄機を使えば、空気中にイオンを放出することによって、空気中に漂っているインフルエンザウイルスを99%以上抑制し、きれいな空気をつくりだすことができるのです。当然、空気中のウイルスが減れば、ウイルスを吸入するリスクは圧倒的に小さくなり、飛沫感染や空気感染を避けることができます。さらに、ほとんどの空気清浄機についている加湿機能を使えば、ウイルスの空気中を漂う能力をうばうことができ、よりいっそう感染のリスクを減らすことができます。つまり、空気清浄機を使えば、ウイルス除去と加湿というWの力でインフルエンザの感染をさけることができるのです。

続きを読む

インフルエンザやノロと注射について

インフルエンザやノロになってしまった場合、点滴や注射を用いてそれらで失った成分を補います。インフルエンザやノロはあくまでも対処療法に過ぎないのでそれにかかってしまった時は注射を重視するのではなく、食事、睡眠、水分補給、安静により多くの時間を用いた方が良いです。
インフルエンザやノロに罹った際、その不調を改善するために注射を行います。しかし、多くの場合その注射は一日では十分な効果が出ないため数日間医療機関に通ってそれを行う事が多いです。
状況や体調によっては注射ですぐに元気になるケースがあります。しかし、インフルエンザやノロの悪い部分が完全になくなるまでにはしばらく時間がかかるので仮に体調が回復したと感じてもすぐに病気前の生活に戻るのではなく、体をしっかりと休め、医師から大丈夫という言葉をもらってから動きはじめた方が自身の心や体にとっては良いです。
インフルエンザやノロに関連する注射で体調を悪くした経験を持っている人は少なくないです。それを隠したままであると心身のしんどさからなかなか脱出する事が出来ない可能性が高いです。そのような状況に陥った時は事前に医師や看護師等にその事を伝え体に負担の少ない別のケア方法を決めておいた方が良いです。
これらの病気において注射はあまり重要ではないです。重要なのは安静に過ごし、短期間で体調を回復させる事です。そこにばかり目を向けるのではなく、普通に日常生活を営む事が出来るように行動する事もそのような状況では非常に大切です。
インフルエンザやノロは予防を心がけていてもかかるものです。かかった時は焦らずに注射による状態の緩和や安静による体力の回復に力を注いだ方が良いです。

続きを読む

死亡率の高い新型インフルエンザと薬剤の備蓄

新型インフルエンザというのは、毎年冬になると発生する季節性のものとは抗原性が大きく異なっているインフルエンザのことで、人類がまだ免疫を獲得していないということもあって、多大な被害をもたらすことが懸念されているものです。こうした新型インフルエンザというのは、豚や渡り鳥などの身体にまず感染したウイルスが、なんらかのきっかけによって突然変異を起こして、人体にまで感染するだけの能力を獲得したことが原因となっています。季節性のものであれば、ウイルスのタイプはA型の亜型にあたるH1、H3などといったもの、あるいはB型というのが一般的であり、症状に関しても、突然38度以上の高い熱が出て、頭痛や関節痛、咽頭痛、全身のだるさなどになやまされるというのが典型的であるといえます。こうした季節性のインフルエンザであれば、症状も原因もはっきりしているため、対策が立てやすく、事前に予防注射によってワクチンを接種するといった対応も可能です。いっぽう、新型インフルエンザの場合には、A型ウイルスでも別の亜型が引き起こすもので、ワクチンにしても発生してから製造するようなことになるため、対応が後手にまわってしまい、その間にも死亡を含めた被害が拡大してしまうおそれがあります。新型インフルエンザの死亡率については、政府の想定によれば、最悪の場合はかつてパンデミックを引き起こしたスペインかぜと同様の2パーセントとされており、きわめて高いということができます。新型インフルエンザに備えて、国と地方ではそれぞれ半分ずつ抗インフルエンザウイルス薬の備蓄を進めており、全体の目標としては、国民全員の45パーセント相当が確保できる水準とされています。

続きを読む

インフルエンザと氷枕と薬価について

寒くなって空気が乾燥する季節になると、インフルエンザにかかる人が増えます。
インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染して発症します。
普通の風邪とは違い、40度近い高熱が出ることがあり、咳や倦怠感、筋肉痛などの症状が出ます。
インフルエンザウイルスは、感染力が強く、潜伏期間が短いのが特徴です。
抵抗力が弱い子供や高齢者の場合、重症化するケースもあるので注意が必要です。
検査は、検査キットを使って行います。
治療は、抗インフルエンザ薬を使うことが多いです。
抗インフルエンザ薬は、発症してから48時間以内に服用することでウイルスの増殖を抑えます。
様々な症状の緩和のために、対症療法を行うこともあります。
薬価は、薬価サーチで調べることができます。
インフルエンザにかかった時に高熱が出るのは、体温を上げることでウイルスの動きを抑えるためです。
ウイルスは、体温が低い方が繁殖しやすいのです。
体温が高くなると、白血球の働きが活発になって侵入したウイルスと戦います。
熱が高くなった時は、冷やしたタオルをあてるか、氷枕を敷くなどして対処します。
熱が出た時は、額よりも首のまわりや脇の下、太ももの付け根などリンパが集まる部位を冷やした方がいいです。
汗をかいたままだと、症状が悪化することがあるので、汗をかいたと思ったら、こまめに着替えることが大事です。
高熱によって大量の汗が出た場合は、脱水症状になることもあるので、水分補給を忘れないようにします。
一般的に、発症してから3日くらいでウイルスが減り始めます。
そして、徐々に熱が下がります。
高齢者の場合、回復にかかる期間が長くなるケースも多いです。
インフルエンザを発症している間は、十分な睡眠を取り、消化しやすく栄養価が高い食事を取ることが大切です。

続きを読む

インフルエンザは病気扱いになるのか

インフルエンザはウイルスに感染することで引き起こされるウイルス感染症であるためれっきとした病気に分類されます。
そのためインフルエンザに感染して病院に行った場合には検査が行われたのちに治療薬などの処方が行われ、その治療費に関しては健康保険の適用対象として扱われます。
ただしインフルエンザに関係するのであればすべて病気として扱われるのかと言われるとそうではなく、例えば予防目的での予防接種や検査結果が陰性だった場合の治療薬処方に関しては保険適用外になります。
保険適用外になると言うことは国の健康保険制度における治療を要する病気としては扱われないということですから、基本的に治療に関しては病気として扱われる、まだ感染していない段階での予防に関しては病気ではないと扱われるといったように理解しておくと良いでしょう。
ただこの病気として扱われない予防のケースにも例外はあり、特に知っておきたいのが医師の臨床所見によっては検査結果が陰性でも病気扱いで治療を受けられることがあるという点です。
例えばインフルエンザに感染している家族がいて、その家族が熱を出して寝込んでいる時に家族が同じような症状を見せているということであればインフルエンザに感染していることは想像に難くありません。
よってこうしたケースに該当している場合は検査結果が陰性であっても臨床所見上インフルエンザに感染しているという扱いになり、治療薬が保険適用で処方される可能性が出てきます。
とは言えこの臨床所見上の判断については各医療機関や各医師によって判断が異なることが多いため、あくまでも例外であって基本的に病気扱いになるのは検査の中で要請と判断されたケースだとして考えるようにしましょう。

続きを読む

家族でインフルエンザを予防する方法

インフルエンザの感染経路は、主に飛沫感染です。
インフルエンザに感染している人のくしゃみや咳によって、インフルエンザウイルスが飛び散ります。
そのウイルスが呼吸器や粘膜などから体内に入り込むことによって、インフルエンザに感染するのです。
職場や学校・幼稚園など、人の多く集まる場所に行かざるを得ない場合、いつ・誰からインフルエンザウイルスをもらってくるかわかりません。
そこで、できる限り感染予防をして、ウイルスから身を守ろうということになります。
ただ、同じ家に住んでいる場合、一人だけが感染予防を頑張ってみても、あまり効果はないといえるでしょう。
家族みんなで感染予防に取り組むことで、インフルエンザにかかることを予防しやすくなります。

感染予防の基本といえば、やはり「手洗い」と「うがい」です。
これはインフルエンザに限らず、様々な感染症から身を守るための基本の対策といえます。
また、インフルエンザが飛沫感染であることから考えると、マスクの使用も有効な方法といえます。
感染症は、免疫力が低下しているときに発症しやすくなります。
栄養面に気をつけたり、睡眠時間をしっかりと確保することで体力を温存することも、感染予防の一つになります。

そして、ワクチンの接種は、もっとも有効な感染予防になるといえるでしょう。
卵アレルギーなどでワクチンの接種が難しい場合でも、一度医師に相談してみることで、接種可能な方法が見つかる場合もあります。
ただし、ワクチンを接種していても、残念ながら感染してしまうこともありますが、接種しない場合に比べて一般に症状が軽くなるといわれています。
ワクチンを接種する場合、家族全員が行うことが望ましいでしょう。

続きを読む